Author: eguchi

こだわりのトマト料理

キッズクラス担当のなつきです。 男の子クラスは、トマト料理に挑戦です。 このレシピは、もともと英語の本に書いてあったもの。 そこから、たいちくんが辞書やインターネットを駆使して翻訳しました。 このクラスでは、段取りも自分たちで考えます。 まずはレシピをじっくり読み込み、レッスンのイメージ。 トマト料理を煮込んでいる間にスープをつくることに決定したら、早速、山盛りのトマトに取り掛かります。 「あっ、あの包丁の持ち方でやるんじゃない?」 トマトのヘタの部分を取るときに気がつきました。 先月のりんごの芯を取った経験がつながりましたね◎ 「ほら、こうすると便利だよ〜!」 種をのぞくときに、新しい使い方も習得! 自然と役割分担ができていくこのクラス。 見て学ぶ、やってみるの経験を繰り返して、自分ができることを増やしています。 「味付けと盛り付けはまかせて!」 高学年組がしっかりまとめます。 今回もおいしそうにできました♪ パンも添えて、なんともおしゃれなランチに。 しかし、感想を聞いてみると、 「魚にもう少し塩気が欲しかった…!」 とのこと。 子どもたちの分析によると、 どうやら下味をつけたときの塩・胡椒が足りなかったようです。 やってみたからこその学びも大事◎ 「次やるときの加減がわかったかもー!」 と前向きです。 次回は、おやつにもごはんにもたまらない、子どもたちが大好きなものをつくるそうです♪ 🌈キッズクラス|natural food cooking ご興味のある方は、ぜひ体験レッスンへご参加ください。 *natural food cookingレッスンスケジュール https://natural-foodcooking.jp/schedule カレンダーで日程をご確認のうえ、お申し込みください。 体験レッスンの参加費は、お子様お一人につき3000円+税です。

おうちでもピザをつくろう♪

キッズクラス担当のなつきです。 今回はピザとフォカッチャ! 子どもたちはピザがつくれる!と聞いて、ワクワクしていました。 グルテンを形成するうえで欠かせない「圧」をかけるため、体重のかけ方を工夫して生地を捏ねていきます。 子どもたちの小さな手で捏ねるのはなかなか大変な作業。 そのなかでも、手の腹を使うと力を入れやすいことに気づいて、 「ここがいちばん捏ねやすい!」 と発見していました。 生地をこねる姿が、様になってきましたね◎ 発酵を待つ間に具材を用意。 どのくらいの大きさが食べやすいかを踏まえて包丁の入れ方を考えるようになりました。 今回は、たまねぎを切るときに目が痛くなる…ということから、たまねぎの繊維のお話も。 「自分の切り方で変わるかも…?」 と、早速挑戦です。 発酵した生地の気持ちよさに、思わず歓声が。 たまらないやわらかさですね。 カードを使って生地を分けたら、ピザとフォカッチャにそれぞれ好みの具材を載せて、大好きなチーズもたっぷり! たまらなく香ばしいにおいがキッチンを包みました。 お待ちかねの試食タイムです♪ ピザ生地の耳の部分をスープにつけて食べるのもなかなか…! お気に入りに加わったようです。 「次はコーンものせたい!」 「チーズをいっぱいのせたのもつくる!」 おうちでパン屋さんができそうですね♪ 🌈キッズクラス|natural food cooking ご興味のある方は、ぜひ体験レッスンへご参加ください。 *natural food cookingレッスンスケジュール https://natural-foodcooking.jp/schedule カレンダーで日程をご確認のうえ、お申し込みください。 体験レッスンの参加費は、お子様お一人につき3000円+税です。

子供と一緒に楽しくお料理!!

  落ち着かない日々が続いていますが、 こんな時だからこそ、 旬の野菜をたっぷり使った美味しいごはんを作って 免疫力を上げていきたいところ。 衛生面にはいつも以上に気を使いながら 通常通りのレッスンをしています。   平日クラスはママさんも多いので、 今日は可愛い男の子2人も一緒に参加です。 そう、見学ではなく参加(笑)   メニューは、春らしく *ちらし寿司 *桜えび入り卵豆腐のお吸いもの *かぶら蒸し   せっかくだから、色々やってみよう! ということで、 錦糸卵を作ることにもチャレンジしました。 大きなフライパンを両手で回して上手に焼いて なるべく細く切ることを伝えると 目を輝かせて 「やりたーーーい!!」 薄焼き卵はママたちも関心するほどの出来栄えで 自分達でも大満足の顔(笑) 次に細く切ってみたものの、、、 「うーーーん、難しい・・・」 で、包丁の動かし方について少しだけアドバイスです。   相手は男の子! 理論的に説明すると早い。   包丁の形、刃の角度、を一緒によーーく観察してから、 「ここ、どうなってる?」 「ここの角度はなんでこうなってるのかなぁ??」 「この刃の角度ってどう動かしたら良いと思う?」 いくつか質問をすると、 次々と言葉が出てきますね~ 結論を私が言う前に、 さっと包丁の持ち方、動かし方を変えていました。 すごいなぁ~~   親子で楽しく作って美味しく食べて ママ達にとっても、 子供たちにとっても、 ここ数週間の、軟禁状態・・・・ 少しは気分転換になってくれてるといいなぁ