Author: eguchi

おもてなし料理 ごちそう黒酢酢豚

ORIDO. スタッフのまりこです。先日はおもてなしクラスのレッスンでした。メインディッシュは「ごちそう黒酢酢豚」です。どこかごちそうかと言うと、豚バラのかたまり肉を使います。そこがこのメニューの特徴です。大きなかたまり肉を水からじっくりコトコト下茹ですることで、とてもやわらかく仕上がりました。今回の酢豚の味の決め手となっていたのはズバリ黒酢でした。レッスンでは江口先生が特におすすめと言う3種類の黒酢を味見して、それぞれの特長や、それに合うお料理などを教えてもらいました。ひとつひとつ、味も香りもまったく違っていてとても勉強になりました。調味料は奥が深い・・・そして出来上がった酢豚をきれいに盛り付けて…お待ちかねの試食タイムです。ひとくち食べてみて…「美味しすぎる!」大げさでなく、私のこれまでの酢豚の概念が完全に変わってしまいました。一緒に作った中華風のお刺身サラダのドレッシングが、これまたヤミツキの美味しさでした。作り方はシンプルでとっても簡単です。これがあればいくらでも野菜が食べられるので、とってもオススメです。このレッスンのあと、我が家でも常備するようになりました。敷居の高かった中華ですが、今回のレッスンでより身近な存在になった気がします。natural food cookingでは 常時体験レッスンを受けつけています。体験レッスン申し込みページカレンダーでスケジュールを確認のうえお申込み下さい。

絶対失敗しない?!米粉シフォンレッスン

こんにちは!ORIDO. スタッフのまりこです。先日、単発クラスの「米粉シフォンケーキ」レッスンに参加しました。何を隠そうわたし、お菓子作りって苦手です(^^;)材料をきっちりきっちり測らないといけないし、作り方でも守らなければいけないルールが多すぎて、、、ずぼらで大ざっぱな私はいつも失敗ばかり。だから、どうしても敬遠してしまいがちでした。特にシフォンケーキはメレンゲ命!失敗するのが怖くてシフォンケーキは「お店で食べるもの!買ってくるもの!」と決めつけてしまっていました。なので、このレッスンも先生が自信をもって「絶対失敗しないよ~!」とおっしゃっていたものの正直受講するまで半信半疑でした…(先生ごめんなさい!)ですが!レッスンを受けてみてビックリ。ポイントはいくつかあるけれど、少しくらい雑でも大丈夫。材料をガーッと混ぜてばーっと型に入れたらあとはオーブン任せで、あっという間にモチモチふわふわのシフォンケーキが作れたのです。自分で作ったふわもちシフォンを食べたときの感動を、ぜひぜひ皆さまと一緒に共有したいです!先生が試作を重ねて生み出したこちらのレシピは、シフォンで失敗してしまう要因を限りなく減らしているので、卵白の泡立て方や生地の混ぜ方など、いくつかのポイントを押さえれば誰でも絶品のシフォンケーキを作ることができます^^もし、わたしのように「お菓子作りは私には向いていない・・」と考えていらっしゃるがいらっしゃったら、騙されたと思って(笑)こちらのレッスンを受けてみていただきたいです♪家でも再現してみたのですがばっちり大成功!甘いものを普段あまり食べない夫も「美味しい!いくらでも食べられる!」と大絶賛でしたよ。ほかの生徒さんも、毎日のように焼いて、お友達やご近所の方に配っているなんて方も。絶対失敗しないしとっても美味しくて喜んでもらえるから、ついつい作りたくなっちゃう気持ちとってもわかります笑!こちらのレッスンは単発の不定期開催となりますので、ご興味持たれた方はぜひHPからお問い合わせいただくか、お気軽にお店のスタッフにもお声がけください

無題のブログ記事

こんにちは。ORIDO. 吉祥寺スタッフのまりこです。さて、今回はお料理教室レポです!おもてなしクラスに生徒として参加しました。メニューは・パエリア・カルパッチョ・ウォルドルフサラダ・フルーツコンポート(アイス添え)お料理本を見ながらオーブンや炊飯器を使って作ったことはあったパエリアですが炊き込みご飯のようでイマイチカリッ&ふわっとした米粒の食感が出せないことが悩みでした。今回のレッスンでいくつかのポイントをおさえることで、お米の芯は残っているけれど食感はふわふわの絶品パエリアを作ることができました!とびきりおいしく、見た目のインパクトも抜群!のパエリアを作ってみたい方には、natural-foodcooking おもてなしクラスのレッスンを受けてみていただきたいです♪おもてなしクラスになると、美味しさだけでなく見た目の美しさにも気を配るようなレッスン内容です。カルパッチョは、様々な種類のハーブやトビコや野菜を使って、「どうやったらより彩りがきれいに見えるか?」生徒さん同士で相談して、「あれやってみる?」「こうしてみたらもっと良くなるかも!」などと意見を出し合いながら仕上げました。最後はウォルドルフサラダこのサラダは、アメリカの「ウォルドルフホテル」で考案されたサラダだそう。りんご・セロリ・くるみ・レーズンが必須素材とのことマヨネーズをベースにしたドレッシングが主流とのことですが江口先生流は一味違い無調整の豆乳がベースでした。もともとフルーツサラダは苦手だった私ですがこれは気づいたら、驚くほどたくさん食べていました。お待ちかねの試食タイムです!どのお料理も本当に美味しくて、思わず「うまぁ…」と声が出てしまうほど。 みんなでおしゃべりしながら、あっという間に食べきってしまいました!体験レッスンはこちらから申し込みいただけます!次回はどんなメニューを作れるのか、今から楽しみです♪次回のレポもお楽しみに!最後までお読みいただき、ありがとうございました!