日記

Hello world!

WordPress へようこそ。こちらは最初の投稿です。編集または削除し、コンテンツ作成を始めてください。

1

お料理を楽しむために大切なこと!

キッズクラス担当のなつきです。今日のメニューは、野菜の肉巻きとお味噌汁。材料の下ごしらえも自分たちでやりながら、できることがどんどん増えています。「どんな大きさがいいかな…」野菜を切るときは、子どもたちが自分たちでそのサイズも考えます。答えがないからこそ、考える価値もあるのです。「うーん…食べやすい大きさ、かなぁ!」お料理をするときの大事な視点ですね◎お肉の大きさに合わせて、巻きやすい、そして食べやすい大きさに、トントン…と手際よく包丁で切っていきます。同じ大きさに切ることはもうお手のもの。大人顔負けの包丁さばきです。 今回は、お肉の巻き方がひとつのポイント。ふんわりとではなく、キュッキュッとしっかり巻きつけるのがコツと教わると、自分たちでも実際に挑戦。うまくいかなかったらやり直して、どんなふうに巻いたらいいのか、自分の手で感覚をつかんでいきます。 崩れてしまわないように、〝巻き終わりを下にして〟というポイントもおさえられました◎今度はお味噌汁もつくります。昆布と鰹節から出汁をとると、キッチンにはお出汁のふんわりとした優しい香りが広がりました。「いいにおい〜!味見したい!」 みんなでふぅふぅといいながら、お出汁をいただきました。「おいしい…!!」すでにお出汁の味わいを知っている子どもたち。「早く食べたーい!」と口を揃えます。今日の具はわかめとたまねぎ、そして油揚げ。肉巻きで使ったえのきも入れて具だくさんに♪仕上げは、味を見ながら味噌の量を決めていきます。 「うん、ちょうどいい!」みんなが納得したところで、お味噌汁が完成しました。 肉巻きも仕上げます。〝火を使うときは火傷に注意する〟大事な約束を、自分たちでも意識できるようになってきました。今日の学びは、直接火がなくても熱いところがあること。お鍋から引き上げた鰹節を入れたボウルやお鍋を開けたときの湯気なども、「熱いかもしれない」という可能性を知るだけで、自分で危険を予測できるようになります。お料理を楽しむために、大事なことです。 お肉を焼くときも〝巻き終わりを下に〟することで、しっかりお肉を固定することができました◎おいしそうな肉巻きのできあがり♪ お味噌汁と合わせて、いただきます! 「おいし〜い」ぱくぱく食べられてしまいますね! 「お母さんにも作ってあげよう!」「おうちではなにを巻こうかな〜」と子どもたちのイメージも膨らんだようでした。

ちがいを知る、ちがいを楽しむ♪

キッズクラス担当のなつきです。大好きな和菓子をリクエストした子どもたち、さくらもちには関東風と関西風の2種類があることを知ると「どちらも作ってみたい!」ということで、今回は“さくらもちを極めよう”の日になりました。道明寺粉を見た感想は、「あれ、お米みたい!」長命寺バージョンと道明寺バージョンの違いは“粉”と学ぶと、見た目の違いも納得です。作り方を知ると、食べるときにただ味わうだけでなく、作る過程を想像する楽しみもありますね♪食紅を“少しずつ”入れる理由も、そのコツも、自分たちで調べたので知っています。あんこを計量する、丸めるのも役割分担をしながら。ときには、こんなふうに助け合う場面も。 自分で実際にやりながら、工夫の仕方も学んでいきます。 薄く生地を焼く長命寺バージョンは、先生にコツを教わります。一瞬たりとも見逃すまいと、子どもたちもぐっと集中…! さぁ、自分で挑戦です!準備ができたら、生地ごとにあんを包んでいきます。 子どもたちはあっという間にコツをつかんで上達!大人顔負けの“さくらもちセット”が完成しました♪ 早速、お味見タイムです♪2種類のさくらもちの違いは…?「こっち(道明寺)は夏におすすめで、こっち(長命寺)は冬にいいかも!」なるほど、見た目の涼やかさと、もちもちした食感。二つを実際に作って食べ比べたからこその気づきです◎ とはいいつつ…「どっちもおいしい~!」あんこ好き男子にはどちらもたまらないようでした。今日はご家族分のおみやげも♪「早くみんなで食べたいな~」と、ほくほくの笑顔で帰路につきました。ご家族みんなで味わう時間が楽しみですね!