キッズクラス

とっておきのアップルパイ♪

キッズクラス担当のなつきです。 子どもたちが先月から楽しみにしていたとっておきのおやつは、アップルパイ! 「アップルパイ、大好きなんですよ〜!」 と楽しみにしているお父さんに、おいしいアップルパイをつくってあげたい! 子どもたちもとても張り切っていました。 りんごのキャラメリゼをつくるために、ひたすらりんごの芯を除いて、カットしていきます。 今回はあっちゃんが、いつもとは違う包丁の持ち方に挑戦。 これまで高学年2人が果物の芯を取るときや皮を剥くときの包丁の使い方を見てきました。 最初は一緒にやってみて、恐る恐るでしたが、自分でやるイメージがついたようです。 「次も自分でやってみる!」と前向き。 新しいことができるようになることって、嬉しいですね◎ たくさん切ったりんごをキャラメリゼにするのは高学年の2人が担当。 「ぼくたちは見学だね」 「ただの見学じゃないんだよ、見て学ぶのも大事でしょ」 「そっか、そうだった!」 見ていた年長と1年生の、こんな微笑ましいやりとりも。 「見て学ぶ」ことの大事さがわかっているので、見る3人も真剣です。 次はパイ生地の準備。 一人一台焼くので、さらに気合が入ります お手本を見せてもらって、やってみて。 うまくいかなくても、リカバリー方法を知るチャンス! とらえ方次第で、なんでも学びになってしまいます。 「なんでパン粉を敷くの?」 「どうしてだと思う?」 「うーん…」 「あ、もしかして水分を吸い取ってくれる?」 「あー、そういうことね!」 パン粉を敷く、という工程一つをとっても、考えるきっかけになります。 答えを知るのではなく、自分で考えてみるというのもポイント。 そして、自分でやってみることで、経験になっていきますね◎ 仕上げに卵を塗って、オーブンへ! ドキドキする〜!と、祈るようにオーブンに入る自分のアップルパイを見つめていました。 グッと集中する時間が続いたので、試食タイムは気持ちが解放され、達成感でいっぱい! アップルパイのおいしさを、アイスとともにじっくり味わう時間になりました。 焼き上がりは、と〜ってもいい匂い♪ お迎えに来たお父さん、お母さんたちにも、幸せな香りのおすそ分け。 子どもたちも早く自分のアップルパイを食べてみたくて仕方がない様子です。   来月は、英語で書かれたトマトの本から、魚料理をチョイス。 子どもたちからのリクエスト、コーンスープとともに、再び〝ごはんもの〟。 早くも次のレッスンが待ち遠しいようです。

子どもの集中力アップの為の工夫

先週末はキッズクラスでスタジオが賑わっていました。 子供たちの大好きなアイシングクッキーレッスン バレンタインモチーフを可愛く仕上げました もう1つのクラスでは、 ロールケーキを生地から焼いて作りましたが、 これ、大人でもちょっと大変なかなりの工程があります 途中で 「疲れた~」「まだやることあるの??」 という声も聞きつつ、 「ほら、パパとママ、妹やお兄ちゃんが楽しみに待ってるから 頑張って仕上げるよ~」 と、大人はお手伝い程度の手出しで 自分たちでしっかりと作り上げました 毎月のレッスンで お料理している時の子ともたちを見ていると すごい集中力です 手元を見て、道具の様子を見て、 仕上がりの状態を考えたり どうやったら、作業がスムーズかを考えたり その時々で、考えていること、 おもっていることは、全く違うと思うのですが とにかく、すごく集中して頭使ってる(笑) で、投げ出さないしあきらめない そんな子供たちにレッスンをするとき 気を付けていることが 子供が何かをしようとしている時 自分で考えてアクションを起こそうとしている時に 声をかけないこと 大人の目線で、大人の考えで ついつい 「こーしたら、この方がいいよ」 「なんでこうするの?」 とかって言いがちですよね でも、ぐっとこらえて タイミングをみます 子供たちの集中力が途切れないように 静かに見守りながら、レッスンをするように 心掛けています 小さなお子さまをお持ちの方 声をかけるタイミング。。。 お家でもすぐにできますので ちょっと気にしてみて下さいね って、私も家だとついつい自分の都合で 声をかけちゃってますが、、、 自分に余裕がないとなかなか難しいんですね(笑) ********************************* natural-foodcookingではキッズクラスの体験レッスンもお受けしています。 子供の集中力の為にも、保護者の方の同伴はお断りしています。 子供たちは、自分でできることが沢山あることに気付き とても誇らしげで、自身に満ちた顔つきですよ。

素材のおいしさを知るシンプルなメニュー!

キッズクラス担当のなつきです。 今月は、子どもたちが「早く食べたい!」と口を揃えた、たらこスパゲティーと、ポテトサラダをつくります。 材料を切り揃えるのも、慣れたものです。 じゃがいもの皮むきは思ったより力が必要と気づいて、手を切らないように自然と集中していました。 じゃがいもの芽を取りのぞく理由を知って、早速自分でも挑戦。 「ここは、そのためにあるのね〜!」と納得の表情でした。 一つひとつの「どうして?」と経験が、学びになります。 火が通ったか、自分たちで確認も欠かしません。 色もかわって、やわらかさもばっちり♪ ここで、一度じゃがいもの味見をしたところ、 「え、おいしい…!!」 これだけで食べたい!という声が相次ぎました。 味付けは、素材のうまみを引き出すほんの少しの塩だけ。 素材のおいしさに気づくと、それだけでごちそうになりますね♪ 「このあとはなにをするの?」 お料理中もレシピで手順を確認しながら。 流れを頭に入れると、作業も捗ります◎ 塩をまぶして出た水気をギュッと絞って材料を合わせたら、味をみながら最後の整え。 胡椒を入れるか入れないか、 どちらも味見をしてみて、自分たちの「食べたい味」を決めていきます。 今回は「胡椒なし」に決まりました。 お待ちかねのたらこスパゲティーも! 大好きなたらこを取り出す作業のときは、言うまでもなく真剣です。 パスタを茹でる時間を確認して、いざ! かたさを確かめながら、これから作業する分も考慮して取り出します。 トングの持ち方も上手になりました◎ おいしさも、美しさも大事! 先生から盛りつけのレクチャーを受けて、自分でも挑戦。 ご家族におもてなしするときに役立ちますね♪ お好みで、のりをちぎったり、ハサミで切ったり。 自分で決めるということも、いまだからこそたくさん経験を積んでほしいことのひとつです。 ついに、完成しました! お母さんたちも絶賛のポテトサラダと、たらこたっぷりのたらこスパゲティー。 あっという間にペロリと完食。 「今度いっしょにつくろう!」とその場で約束するほど、お気に入りのレシピになったようです。