キッズクラス

喜ぶ顔を想像して…♪ガナッシュケーキづくり!

キッズクラス担当のなつきです。 この日の男の子クラスは、チョコレートケーキをつくります♪ 今回は型も手作り。 クッキングシートとホチキスで、25×20センチのサイズに仕上げます。 定規やメジャーを駆使しながら、 役割分担もしつつ連携して型作りを進める子どもたち。 まるで小さな設計室のようです。 型ができたら生地作りへ。 湯せんにかけながら、慣れた手つきでハンドミキサーを使いこなす中学生チーム。 小学生の子も、先輩たちの動きを参考にしながら目の前のボウルに向き合います。 「なるほど、まったりってこういうことね!」 工程を進めていくなかで、レシピに書いてあった言葉とぴったりの状態に出合いました。 知識と体験が重なる瞬間です。 生地を焼いている間に、ガナッシュクリームも。 ただ混ぜるのではなく、手早く丁寧に。 言葉ひとつでは表しきれない〝加減〟を、先生のお手本を見て学んでいきます。 ふんわり焼きあがりました。 「いい香り〜♪」と笑顔が広がります。 「冷ますときにラップをかけるのはなぜ…?」 子どもたちからの小さな疑問のひとつに、お菓子作りで大切なポイントが隠れています。 これを3等分に!というところで、再びメジャーが登場。 男の子ならではです。 シロップとガナッシュクリーム、そして生地を重ねて3段に。 クリームの塗りかたも大事なこだわりポイント。 美しく仕上げるべく、作業に没頭します。 最後はデコレーションも。 「早く見てほしいなー!」 ガナッシュケーキを詰めた箱を嬉しそうに持ち上げて、お母さんが喜ぶ顔を想像していました。 🧁キッズクラス|natural food cooking 体験レッスンをご希望の方は、お子さまのお名前、学年をメールでお知らせください。 ✉️info@natural-foodcooking.jp ※体験レッスンの参加費はお一人につき3,300円(税込)です。  

もちもちのニョッキで素材の味を堪能!

キッズクラス担当のなつきです。 土曜日クラス、今回のメニューは、ニョッキとボロネーゼソース! 子どもたちは、ものすごい集中力でみじん切りをしていました。 「同じ大きさに」というイメージが具体的になってきたからこそ、実践における精度も高まっているようです。 0「玉ねぎは目が痛くなるから苦手…」と言っていた子も、手際よく切り進めるだけでなく、丁寧さとスピードが増して、全体的に包丁使いが上手になっています。 さまざまな挑戦において、「まずはやってみよう!」という気持ちが増してきているようです◎ みじん切りのポイントとして、まずは「同じ厚さにスライスする」ことを教わると、より張り切っていました。 とてもスムーズな包丁使いは、「おうちでお手伝いしているから!」と嬉しそうです。 「終わったぁ…!」と達成感いっぱいの表情でした。 みじん切りにした大量の野菜を炒めます。 野菜とお肉をお鍋からこぼれないように試行錯誤していました。 「お手本を見て、やってみる」 その繰り返しの中でつかめたものがあったようで、木ベラの動かし方が上手になっていました◎ 今回は、ニョッキもいちから手作り! さつまいもをマッシュする作業を「やりたい!」と率先して動いていました。 道具を使う際、端の方を持った方が力が伝わりやすいという〝てこの原理〟に気づくと、作業もよりスムーズに。 「こっちのほうがやりやすいんだよ!」 「本当だ〜!やりやすいね!」 仲間と共有する、その喜びも手作りならではですね! できあがったもっちもちのニョッキはご家族にも大好評で、 「お休みの日にまた作ってね!」 というリクエストに、笑顔でこたえる子どもたちでした。 🍝キッズクラス|NATURAL FOOD COOKING 体験レッスンをご希望の方は、お子さまのお名前、学年をメールでお知らせください。 ✉️info@natural-foodcooking.jp ※体験レッスンの参加費はお一人につき3,300円(税込)です。  

ジャムパンのおいしさに、思わずおかわり!

キッズクラス担当のなつきです。 今回は、リクエストがあったジャムパン! 一人一単位ずつ、生地を捏ねます。 コツのいる作業ですが、何度かパンをやっている子は手慣れた様子。 これまでの経験が染みついていて、生地の捏ね方はさすがの一言でした。 ボウルの押さえ方や手の使い方はもちろん、力の入れ方もばっちりで、自分の力で生地をこねあげました! 先輩のアドバイスももらいながら、初挑戦の子も最後まで自分の力で。 たくさんパワーをつかったようですが、そのぶん愛しそうに捏ねあげた生地を見つめていました。 発酵を待つ間に、ジャムも手作り。 キッチンには、甘酸っぱい香りが満ちていきます。 このままだと、さらさらのシロップ。 ジャムのように粘度をあげるためには…? 理科の実験のように、「変化」を体感すると、 「おもしろーい!」 と注目が集まります。 先生に成形の見本を見せてもらったら、次は自分で挑戦です。 ジャムが流れ出ないよう、生地にジャムをのせる場所や生地の持ち方がポイント。 大事なところを自然とおさえて、最後の生地を閉じるところまで丁寧に、テキパキ作業していきます。 生地をわけて丸めるとき、「表面を伸ばすように」というのを丁寧に一つずつ実践していました。 少しずつ慣れてきて表面がきれいになったことを実感すると、嬉しそうです! お手本から自分の作業のイメージにつなげることも、スムーズにできるようになった子も。 ジャムを包むために伸ばした生地はどれもぴったりの大きさでした。 パンの焼き上がりを待つ間、それぞれの紙袋をデザインしはじめた子どもたち。 オリジナルのベーカリーバッグ。 それぞれのこだわりがたくさん詰まっています。 そこに焼きたてのパンを入れたらできあがり♪ 少しジャムが出てしまったものもありましたが、 「ちゃんと閉じたのに出てきたってことは、おうちでつくるときにはもっと気をつけないと!」 と前向きです! 焼きたてのジャムパンを抱えて、ほくほくの気分で帰宅した子どもたちでした。 「手作りパンのおいしさに、思わずすぐ2つめに手が伸びました!」 という嬉しいご報告も。 自分でつくった!という喜びとおいしさを存分に味わったようです。   🍞キッズクラス|NATURAL FOOD COOKING 体験レッスンをご希望の方は、お子さまのお名前、学年をメールでお知らせください。 ✉️info@natural-fo0dcooking.jp ※体験レッスンの参加費はお一人につき3,300円(税込)です。