#naturalfoodcooking #吉祥寺料理教室#野菜料理#体に良いごはん Tag

想いがぎゅっと!チョコレートブラウニー

キッズクラス担当のみさこです。   2月と言えば、バレンタイン!!ということで、今回はチョコレートブラウニーを作りました!   「バレンタインには、友チョコあげるんだよ!」と、どうやら子供たちにはとても身近なイベントのようです。 スピードがすごく大切、と伝えると、子供たちの様子は一気に変化。 1つ1つの工程に集中します。   今回は自分でトッピングを選んで乗せました。 誰に食べて欲しい? どんな味にしたい? 見た目はどんなのが良い?   チョコブラウニーの切り方にも大きさにも、それぞれにこだわりが。   「パパには大きいのをあげたいな」 「明日お友達に渡すんだ!」   アメリカやヨーロッパ、年に2回バレンタインがあるという台湾の話をすると、 とても興味深く聴いてくれました。   料理を通じて、文化を学べるのも、とても楽しいですね。   まさに小さなパティシエ達。   今回は、いつも以上にそれぞれが“誰か”を想いながら作りました。 愛情を込めて、感謝を込めて、色々な想いを込めて料理をするのは とても大切なことだと思います。   何倍も料理が楽しくなるし、美味しくなる。そして何よりも成長できると感じます。   これからも、そんな機会を一緒にたくさん経験していきたいと思います! * キッズクラス|natural food cooking * 【体験レッスン】 参加費:お一人につき3,300円(税込) 申込方法:参加を希望されるお子様のお名前と学年をメールでお知らせください。 info@natural-foodcooking.jp      

ボリューム満点なワクワクお子様ランチ!

キッズクラス担当のみさこです。 今回は「お子様ランチ」を作りました!   昨年から、ずっと楽しみにしていたメニュー。 あれを入れたい、こんな盛り付けにしたい!とそれぞれずっと考えてきました。   中でも要望が多かったのが、たこさんウインナー!   「たこさんウインナーってどんな形だっけ?」 「どうやったらあの形になるんだろう…」 想像を膨らませながら挑戦!! 少し前まで恐る恐るだった包丁使いも、どんどん上達しています!   「両方に切込みを入れるとどうなるかな?」 「カニさん?」切り方一つで楽しみも倍増!   次は、ナポリタンに入れる野菜をカット。 「細く?小さく?食べやすいのはどんな形?」と野菜の大きさも子供たちにお任せ。 みんなで話あって決めます。   口を出さなくても、進んで決めていくことが身についてきた子供たち。 普段の生活の中でも、自分で判断する機会が増えているのではないかと思います。 こういうちょっとした場面で、成長と頼もしさを感じます。 色鮮やかで、食欲がそそられますね!   着々と完成に近づいてきました!お次は、卵焼き。 初めて自分で卵焼きを作る子もいましたが、びっくりするぐらい上手に巻くことができました。 「お母さんが作ってくれる卵焼きはメープル入り!」 「おばあちゃんのは甘くない」 そうそう!お弁当に入っていた卵焼きって、忘れられない味の一つですよね。各家庭の味が出て、大人になってもふと懐かしくなる、 まさに「お袋の味」。 初めての卵焼き作りだった子供も上手に出来て自信がついたようです。   それぞれ好きな大きさと形におむすびを握り、仕上げに取りかかります! 大きいおむすびにする♪とボリューム満点!!   卵焼きをハートにしてみたり、花にしてみたり、トマトやブロッコリーで彩りも添えながら オリジナルのお子様ランチの完成です! 同じ材料、同じ容器でもそれぞれの個性がたっぷり! 発想力は無限大ですね!   大人になるにつれ、ついつい常識にとらわれたり、型にはまったりしがちですが、 子供たちはそんなことなく、とにかく楽しんで自分を表現しています!   子供たちのクリエイティブさも個性も、どんどん伸びてきてます!! それを見るのが、本当に楽しい♪   来月も楽しみにお待ちしています!!     * キッズクラス|natural food cooking * ※土日クラスは満席のため、新クラスを増設しました。 【体験レッスン】 参加費:お一人につき3,300円(税込) 申込方法:参加を希望されるお子様のお名前と学年をメールでお知らせください。 ✉info@natural-foodcooking.jp \Follow me!/Instagram|キッズクラス natural food cooking https://www.instagram.com/kids_natural.food.cooking/

炒りたてを使うのが、香ばしさと美味しさの秘訣!

 定番家庭料理クラスで作った 「人参の胡桃和え」 塩を振って蒸し煮にした人参を 甘辛味の香ばしい胡桃の和え衣で和えるだけの シンプルで、 地味な(笑)料理ですが まぁ、何とも美味しくて、 箸が止まらなくなります。 シンプルな料理ほど、 1つ1つ、どの工程もとても大切です。 胡桃和えは、 和え衣を作る前に、 胡桃を乾煎りすることが、味を大きく左右します。 フライパンなら、弱火でじっくり焦がさないようにフライパンをゆすりながら4〜5分。 オーブントースターなら、弱で5〜6分 オーブンなら150度で、7〜8分 このひと手間で、 あぶら臭くなく、香ばしく、甘味も増して 深い味わいの和え衣になります。 そして何より、 作っている時の香ばしい良い香りが たまらなく幸せ気分にしてくれます。 結果、ついつい 味見と言う名の つまみ食いが増えるのですが… この乾煎り 胡麻和えの和え衣もしかり!です。 特別に凝った料理を作らなくても、 使う前のひと手間で、 納得の1品になります。 乾煎りすることを惜しまず そして、乾煎りすると言うことは 「すりごま」ではなく 「いりごま」を、自分ですってから 和え衣を作るのが、やっぱり美味しいのです。 手のかけどころ、 時間のかけどころをどこにするのか… 人によって、それぞれだと思いますが 私は、地味に丁寧なこんな食しごとが やっぱり好きなんですよね。 地味に美味しいお惣菜は、飽きのこない味ですね