揚げ物のコツ!火加減とタイミングが大切です

揚げ物のコツ!火加減とタイミングが大切です

先週スタートした、新しいBasic1クラス

野菜の重ね煮を作って、野菜オンリーの春巻き、白和えなどを作ります

 

今回の春巻きのレッスンでも質問が沢山ありましたが、

 

揚げ物のレッスンでの多い質問が

揚がったかどうかの見極め、

油の温度の見極め方と、素材を投入するタイミングについて

 

油の温度は、温度計がなくても、菜箸を使ったり、パン粉などを少し落として判断できます。

油の中に入れてすぐに泡が出たら、180度。

落としてから、1~2秒してから泡が出たら、170度。

素材を入れると、温度が下がるので、まずは、180度くらいまで温度を上げて

素材を投入すると、丁度よい温度で揚げることができます。

後半は、火加減を調整しながら、油の温度が上がり過ぎないように微調整して。

 

揚がったかどうかの見極めは、素材のサイズ、温度、色で判断し、

最後は菜箸で持ってチェックする方法があります。

木製の菜箸だと、揚がったものは、菜箸を伝って

「ピチピチ」← これ、文字で表現するの難しい、、、気になる方は

ぜひ体験レッスンにでもご参加下さい(笑)

と振動を感じます。これを感じたら中まで火が通っています。

 

あと、揚げ物のコツとして、

油の中に入れてすぐに触らないこと!

えっ、そんなこと?と思いますか??

でも、結構みなさん、油に入れてすぐに菜箸でツンツンするのですよ(笑)

フライなら、パン粉が剥がれるし、

天ぷらなら、衣がはげる。

素揚げなら、剥がれる心配はないけれど、

素材に傷がついたり、穴があいたり・・・

衣や素材が少し固まるまで、触りたい気持ちをぐっとこらえて

がまんがまんですよ。

 

今更聞けない料理の基本や、コツなども

余すことなく、しっかりレッスンでお伝えしていきます

お料理上手の方も、苦手な方も、

みなさん、手際よく楽しくお料理できるようになりますよ。

体験レッスンは、随時募集していますので、

お申込み、お問い合わせ下さい!!